大ヒット映画「君の名は。」映画と小説どちらを先に読む?新谷誠監督のおすすめの順番は!?

公開日: : 最終更新日:2016/10/10 映画辛口批評

大ヒット映画、君の名は。のことは知ってるよね?
実は、関連本も売れているんだって。
6つも発行されている関連本。

213万部突破。

なかでも、小説 君の名は。は123万部なんだって。
新海誠監督が自らノベライズしてるんだよ。


映画→小説→映画、と映画に戻る人が続出。
観客動員数1000万人を突破したんだって。

実は、このノベライズ本、
同時進行で新海誠監督、執筆したんだって。

「この小説を書こうとは思っていなかった」
ってあとがきに書いてるんだけれど、
なんでかというと、
同時執筆だからなんだって。
映画を撮影しながら、なんて執筆なんてできない
と思っていたんだけれど、
編集者から、書くべきだといわれたんだって。
同時に発売すれば、本屋で見た人が
また映画館に足を運ぶって言われたんだって。

こんな風に贈り物を交換し合うような映画の作り方、
あるいは小説の書き方は初めてで
実をいうと楽しかった。

これは、どういうことかというと、
小説は一人称。
映画はというと、いろんな人の目線が入る。

映画は、監督や制作チームが完全にコントロールして
2時間浸ってしまうけれど、
小説は、自分で物語、キャラクターに入り込んでいく
努力が必要。
だから、映画で分からなかった情報が小説を読むと入ってくるんだよね。
心理描写がとても小説は丁寧なんだって。

新海誠自身が、きっと小説を書きながら、
主人公の二人の心の動きを
丁寧につくりこんだんだなあと思う。


だから、小説を読んだ人は、
新たな発見をしちゃうので、
映画をもう一度見ちゃう。

・・・ときくと、小説を読んでから、
映画を見るほうがいいんじゃないかと思う人もいるんだけれど、
新海誠監督は、
先に映画を見ることをおすすめしているよ。

映画をまずみて、
小説で主人公たちの心情を確かめて
もう一度映画館にいって欲しい!
ですって。

参考にしてね。


広告

関連記事

no image

映画「無限の住人」木村拓也VS市川海老蔵。公開は2017年4月!ゴールデンウィーク

無限の住人は超人気時代劇マンガ。 その主役は、木村拓也。 監督は三池監督。 キ

記事を読む

no image

DVD発売日はいつ?飛騨、聖地巡礼が大流行!クリスマスプレゼントに!新海誠監督映画君の名は。

新海誠監督の「君の名は。」が大ヒットで、 映画の参考にされた場所が「聖地」と呼ばれ、 たくさんの

記事を読む

no image

映画「奇蹟がくれた数式」数学が嫌いな文系が感動できるよ!女神が直感を運んでくれる方法とは!?

映画「奇蹟がくれた数式」が公開されるね。 ビッグバンの発見にもつながった数式を 発見したインド人

記事を読む

no image

羽生さんを追い詰めるくらい強かった天才将棋士の生涯を描いた映画「聖の青春」

将棋の世界ってめちゃめちゃ厳しい。 あたしは、ある本を読んでから、なんだか 将棋を指している人た

記事を読む

no image

2017年アカデミー賞はラ・ラ・ランド!ゴールデングローブ賞史上最多の映画の魅力は一発撮り

どこもかしこも、やっぱりダンス流行なのか。 ゴールデングローブ賞、史上最多7冠に輝いた 映画、ラ

記事を読む

no image

USJに行った気になれる!ハロウィンにカップルで見たいホラー映画ランキング!

USJでのハロウィンナイトはとっても怖いと評判でカップルデートには最適! でも、大阪でないと、なか

記事を読む

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告
no image
Litecoinライトコインの開発者Charli Leeの兄は中国取引所BTCCのオーナー

最近目覚しい発達を繰り広げている、 ライトコイン。 ビットコインが

no image
NEOの今後の展望は明るい!中国ICO禁止のその後

中国の取引所閉鎖や ICOの規制などで せっかくの良い仮想通貨相場

no image
第二のリーマンショック?中国ビットコイン取引停止でどこまで下がる?価格を予想してみました!

50万円超をつけていたビットコインですが、 2017年9月15日、

no image
スマートコントラクトって何?仮想通貨の新しい形。イーサリアムがしようとしていること

イーサリアムというのは、ビットコイン、暗号通貨投資家の中では、 超メ

no image
東京MeetUpで暗号通貨はなぜ上がる!?MeetUpって何?上がる理由とリスクの行方

東京でMeetUpをやると 暗号通貨の価格があがるんだって。

→もっと見る

PAGE TOP ↑